ライブマイグレーション機能を比較する

rgega
2003年にアメリカのVMwareがライブマイグレーションをリリースしたことから、どんどん機能の方も進化していきました。そして、最近になってからはMicrosoftが、マイグレーション機能を次々と実装していき、今やVMwareに追いつこうとしているのです。

そもそもライブマイグレーションとはなんなのか

ライブマイグレーションというのは、動作中の仮想マシンをダウンさせることなく別のサーバーに移動させることができる、IT技術の1つだと言えます。この機能によって、サーバーが仮想化する欠点を補うことが可能となるのです。それにより、サーバーへの負荷を軽減することができ、トラブルの発生を防ぐことができるのです。

基本部分をまずは理解する

専門的で分かりづらいライブマイグレーションですが、基本部分を知ればITに詳しくない人でも十分に理解することはできるのです。結局のところ、近年のハードウェアは超高速化となっているわけですから、とても1つのアプリケーションだけでは対応できないのです。
そこで、仮想化によりいくつものサーバーを1つに集約することができれば、コストの削減にも繋がるわけですから、多くの企業が積極的に取り入れるわけです。しかし、それによりサーバーに過剰な負荷がかかってしまえば、全体的なシステムに影響を及ぼしかねないのです。
だからこそ、ライブマイグレーションの機能を利用することで、このような問題を解決できる可能性が高くなるのです。他のソフトとも併用することで、安定してサーバーを維持することができるわけです。

以前はVMwareの独壇場でしたが

従来であれば、ライブマイグレーションの機能はVMwareの独壇場となっていました。実際のところ、様々な革新的な機能を開発してきたわけですから、多くのユーザーから支持を集めたのです。
しかし、2008年にMicrosoftがHyper-Vに同じようなライブマイグレーション機能を取り入れるようになり、そこから両者の機能が比較されるようになったのです。ITが多様化していく時代に合わせて、日々改良の方を重ねられていったのです。
もちろん、VMwareに関しても処理速度の向上や、複数のネットーワークにアプリケーションを組み入れることが可能になるなど、さらに利便性の方も増しているのです。

状況に応じて使い分けることも重要

VMwareにしてもMicrosoftにしても、それぞれ機能や特徴は違ってきますし、メリットもあればデメリットもあるわけですから、状況に応じて使い分けることも重要になってくるでしょう。それぞれの企業や経営方針によっても、仮想化を実現した方がいい場合もあれば、管理センターの方で運営するのがベターな場合もあるでしょうから、いろんな部分を比較しながら決めていくといいでしょう。

構築するためのノウハウが欠かせない

ただ、ライブマイグレーションをしっかりと運営していくためには、構築をするためのノウハウは欠かすことができないので、専門的な知識はどうしても求められるでしょうし、それなりの経験を積み重ねることも必要になってきます。だからこそ、最初の機能を比較する段階で、できるだけの情報を収集しておくようにしましょう。

あとは運用を実践していく

正直なところ、ライブマイグレーションを取り入れても、それが100%必ず成功になるとは限りませんが、運用を実践することでノウハウも構築できるので、最初のうちは色々と試行錯誤をしていくことになるでしょう。
マイグレーションサービスとは?
◎https://www.jcreation.co.jp/

更新情報

アーカイブ

△PAGE TOP